相続税対策について

住まいに関係する相続税の対策にはいくつかの方法があります。
詳しい方法については、税務署や専門家に相談するとよいでしょう。

相続では、自宅および賃貸している土地・建物は、評価額が下がります。評価額が下がるということは、課税対象額が下がるということです。評価額は路線価で決まります。
たとえば、生前に親の住まいに同居したり、親の住まいを賃貸物件にすれば、評価額は下げることができます。あくなでも、これらは一般的な例であり、詳しい内容については税務署や専門家に聞いてみてください。