家ではゆったりとくつろぎたいから、楽なファションでいたい。だからといって、急な来客であわてたり、家族から手抜きと思われるファションはしたくないという方に、リラックスできて、センスや着こなしの良さを感じられるファッションの基本をご紹介します。

家の中では、ゆったりして、動くのがラクなファッションになりがちです。その典型的な例がスエット素材です。スエットがお気に入りなら、スポーティーなタイプを選ぶとよいでしょう。また、上下をスエット素材にするのではなく、トップ(上)をシャツなどでスッキリさせれば美しく見えます。ボトム(下)は、できるだけスリムなモノを選んで、スポーティーに見えるようにします。 急な来客に備えて、ジャンパータイプのエプロンを用意しておくこともおすすめです。 Tシャツやスパッツの上に着るだけで、全体が隠れてスッキリ感が出ます。

エプロンは急な来客時も
  対応でき、便利です▶

たとえば、トップはボーダーのマリンシャツやスポーティーなデザインのTシャツ。ボトムは短めのパンツがおすすめです。スポーティーなデザインのアイテムを選ぶことで、若々しく見えます。花柄やフリルなど、甘いタイプのものは、優しさを感じられますが、スポーティーなアイテムの方が元気でハツラツとした印象になります。 甘いタイプのファションが好きな場合は、できるだけスポーティーなシルエットのデザインを選ぶとよいでしょう。 また、ファションと同様に大切なのは、姿勢と歩き方です。姿勢と歩き方が美しいと若々しく見えます。同じ着こなしでも姿勢と歩き方がよい方がステキな印象になります。家の中で姿勢と歩き方に気を配る習慣をつけていると、外出時も同じようになり、若々しく、颯爽とした着こなしができるようになります。

ご近所への買い物は、家にいるままの洋服で出掛けてしまいがちです。シャツやTシャツのままで出掛けるのではなく、上に何かを羽織るだけで手抜きをしていないといった印象になります。スカーフなどの小物をプラスすることもおすすめです。プチオシャレをしてご近所へお買い物にいくなら、インナーとボトムは、無地やボーダー、ストライプなど、シンプルなものを選び、トップに羽織るアイテムをカラフルな色やプリントなどにすると、変化がついてオシャレに見えます。

いつものシャツにスカーフを
巻いただけで華やかに▶

お出かけする時は、自分なりにコーディネイトしても、家にいる時は誰も見ていないからと油断して、あまり考えないで洋服を選んでしまいがちです。ファションセンスを磨く基本は、コーディネートと着こなし。手持ちの洋服を組み合わせて、いかにして自分に似合うコーディネートと着こなし術を身に付けるかがポイントといえます。ですから、家にいる時も、お出かけするときも、着る洋服は違っても常にコーディネートと着こなしを考えれば、自然とファッションセンスは磨かれます。家着こそ、センスを磨く練習だと思って、手抜きをしないようにしましょう。