浴室、脱衣室、トイレなどを暖かくして
ヒートショックを防止しましょう。

冬はヒートショックに関連すると思われる高齢者の健康被害が多発し問題になっています。


暖かいリビング等から寒い浴室で入浴するなど、室温差、温度差による血圧の急激な変動などによって起こる健康被害のことです。医学用語ではありませんが、近年、報道などで使われることも多くなり聞いたことがある方も多いでしょう。浴槽の中で失神や不整脈を起こすなど、突然死に至る危険な状態で、気温が下がる冬場の入浴や排泄時に多発します。なお、高齢者では特に注意が必要です。

ヒートショックに関連する入浴中突然死は全国で年間17,000人と推定され、そのうち高齢者は14,000人と大多数を占めています。

高齢者のほか、高血圧の方、糖尿病や脂質異常症の方も血圧変動の影響を受けやすく注意が必要です。

浴室、脱衣室、トイレなど低温になりやすい場所を暖かくしてヒートショックを防止しましょう。今日からできる対策もあります。


監修:医療法人社団 充会 上川病院 院長、元東京都健康長寿医療センター研究所 副所長  高橋龍太郎先生