新築・立て替えで住宅を暖かくする方法

新築・立て替え時は、住宅の温熱環境を見直すとてもいいタイミングです。
高気密・高断熱な住宅にするだけでも、隙間風が無くなり、保温性が増します。
リビングはもちろん、家全体が暖かい住宅にしたいですね。さらに省エネも考えたいところです。

1、高気密・高断熱の住宅で家全体を暖かく省エネ

一般的に、冬の寒さの影響を受けにくいのは高気密・高断熱な住宅だと言われています。

気密とは住宅内に隙間風が入ってこないようにすること、断熱とは住宅の外部と接する部分(壁、窓、屋根など)から室内の暖かさを逃さないようにすることです。

一般的には「次世代省エネルギー基準」以上の断熱気密レベルを満たしているかどうかが、高断熱高気密住宅のひとつの目安となります。


2、住宅やライフスタイルに合った設備で暖かく

高気密・高断熱の住宅は、外気温の影響を受けにくいですが、住宅にあった設備で暖房することが大切です。ヒートショックの原因となる温度差を減らすという意味では、リビングだけでなく、浴室、脱衣所、トイレなども暖かくすることが理想です。保温性の高い住宅のなかで、暖房をするので、省エネルギーにもつながります。
また、高気密・高断熱の住宅は、外気の影響を受けにくい一方で、換気がされにくい一面があります。 建築基準法で定められた、24時間の計画換気を守るのはもちろん、よりよい換気システムを導入することをお勧めいたします。

■空調設備の例■

ルームエアコン

各居室へ手軽に取り付けが可能。省エネ機能が優れたものが人気。

床暖房

足元から部屋全体を穏やかに暖める。導入コストも安くなってきており、新築時に導入する家庭が増えた。

全館空調

家全体を24時間換気とともに冷暖房するので部屋ごとの温度差が少ない。メーカーによって、空気清浄などの他の機能を持つ。

パネルヒーター

温水を使ったパネル型のヒーター。輻射熱を利用し、風が出ないのが特徴。

エアコンのイメージ

床暖房のイメージ

全館空調のイメージ

パネルヒーターの
イメージ

■換気の種類■

第1種換気

給排気ともに換気ファンを用いて、機械で強制的に行う換気方法のこと。 空気の流れを制御しやすいので、気密性の高い建物に適しており、熱交換型を取り入れるケースも。

第2種換気

給気は換気ファンで、排気は排気口から自然に行う換気方式。ファンで強制的に給気し、室内にある空気が排気口から自然に排出されます。

第3種換気

給気は各部屋の壁面に換気口から自然に行い、排気を機械で行います。機械で外に押し出された排気の分を、外から給気します。