資 料 集


健康長寿住宅エビデンス取得委員会の活動とご紹介する各種資料は
こちらよりご覧ください。

「住まいと健康を考えるジンポジウム:実証実験成果報告会」(2015年3月5日)について

一般財団法人ベターリビングサステナブル居住研究センターでは、平成27年3月5日、都内で“「住まいと健康」を考えるシンポジュウム 実証実験成果報告会”を開催しました。
高齢者を対象に居住している住宅に部分断熱リフォームを施し、リフォームの前後で血圧等を測定する実証実験の結果が発表され、部分断熱リフォームによって、暖かい住宅で暮らすことが高齢者の健康維持につながることが、今回初めて数字により示されたことが報告されました。

当日配布資料 リーフレット
「住まいの暖かさが高齢者の健康に好影響!!」

※画像をクリックするとダウンロードできます。

※画像をクリックするとダウンロードできます。


報告会ビデオ(サムネイル︎をクリックすると再生されます)

はじめに

研究の背景とその意義

住宅改修と温熱環境の
変化について

住環境の変化と血圧

実証実験成果の報告、
論点整理

パネルディスカッション
実証実験成果の印象

パネルディスカッション
研究成果をどう活かせるか

パネルディスカッション
調査研究の今後の課題

パネルディスカッション
最後に一言、まとめ