リフォームでリビングを暖かくする方法

室内を暖かくするには、内窓の設置や床・壁の断熱性を高めて、床暖房の設置などを行う
あたたかリフォームが効果的です。

室内を暖かくするためのリフォームは、家の構造などによって改修の度合いも変わってきます。
まずは、日々の暮らしの中で長時間過ごすリビングや寒さを感じやすい水まわりからあたたかリフォームを行いましょう。

断熱についてもっと詳しく知りたい方はこちら
一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会のウェブサイトが別ウィンドウで開きます

ガス温水床暖房の効果や家族やペットにおすすめの理由、ユーザーの声を紹介しています。

<リビングの例>

断熱性能強化のポイントは断熱材の選び方と確かな工事です。信頼できるプロに相談しましょう。

<良くいただく質問>

Q:家全体ではなく、リビング等だけ部分的にあたたかリフォームを行って、健康に良い効果があるでしょうか?

A:長い時間を過ごす場所を暖かく保つことは健康に良い影響を及ぼします。

●高齢になるほど、リビング等決まった場所で過ごす時間が長くなり、そこでの温熱環境が生活リズムを整えるという効果があると考えられます。

Q:どの場所からあたたかリフォームを行えば効果的でしょうか?

A:長い時間を過ごすリビングや、寒いトイレ、浴室などのリフォームがおすすめです。

●費用面を考慮し、一番長い時間を過ごすことが多いリビング、さらに一般的に寒いと言われるトイレや浴室のあたたかリフォームをおすすめします。住宅すべてをあたたかリフォームできるならそれがいちばん効果的です。


ついでのリフォームは経済的!

耐震性強化や間取り変更、水まわりの設備交換などのリフォーム時はあたたかリフォームのチャンスです。

詳しくはこちら
一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会のウェブサイトが別ウィンドウで開きます