実証実験の結果から、ふだん長く過ごすリビング等を
暖かく適温に保てば、血圧が低下するなど
高齢者の健康に良い影響を及ぼすことがわかりました。

血圧の維持・管理は健康維持に大きな影響を及ぼします。最近行われた実証実験によって1日のうち長い時間を過ごすリビング等を暖かく保つと血圧が低下することがわかりました。実証実験の結果をふまえて、なぜ、暖かいリビングが血圧の低下につながるのかをご紹介しましょう。

健康長寿住宅エビデンス取得委員会は、「住まいの暖かさと高齢者の健康の関係性」を
明らかにするために実証実験を行いました。


60歳以上のシニア世代が暮らす築20年以上の戸建て住宅39軒の日中の大半をすごす居室(多くはリビング)に断熱性能を向上させるリフォームの実施と適切な暖房設備の使用によって暖かさを向上させ、工事前と1年後の血圧を測定してみました。


リビング等、日中の大半をすごす居室の暖かさを向上させると、血圧に良い影響を及ぼすことが実証されました。

最高血圧、最低血圧ともに、あたたかリフォーム1年後の方が低くなることがわかりました。

あたたかリフォーム1年後は、起床から就寝まで血圧が安定することがわかりました。

あたたかリフォーム工事前に起床後の血圧が高かった人が、工事後は血圧が低下することがわかりました。

血圧の維持管理は、厚生労働省が進めている「健康日本21(第二次)」の最重要指標に指定されています。

手軽にできる方法からリフォーム、新築、住み替え時のポイントをご紹介します

実証実験に協力いただき、すでにあたたかリフォームを実施された皆様の生の声をお届けします。


調査結果をまとめたリーフレットを
ご覧いただけます。

実証調査を実施した「健康長寿住宅エビデンス取得委員会」が発行している調査結果のリーフレットをダウンロードできます。



調査結果は、出典に「健康長寿住宅エビデンス取得委員会作成」を明記することで転載いただけます。

監修:医療法人社団 充会 上川病院 院長、元東京都健康長寿医療センター研究所 副所長  高橋龍太郎先生