“備えあれば憂いなし”。
早めのバリアフリー化が注目されています。

まだまだ元気。多少の体力の衰えは気になるものの、日常生活には支障がないと思っているのがシニア世代です。反面、お父様やお母様の体力の衰えが気になり、バリアフリー化について考える必要性も出てきているのではないのでしょうか。シニア世代の皆様、そしてお父様、お母様にとって、早目のバリアフリー化にどんなメリットがあるのかをご紹介してみましょう。

「バリアフリーは、必要になってから検討すればよい」と思っていませんか?

日本の住まいは、まだまだバリアフリー化が進んでいるとはいえません。バリアフリー化するにしても、「必要に迫られて実施するケースが大半」だといわれています。一方、事故の70%以上が家庭内で起きています。バリアフリー化によって防止できる事故も、少なからずあります。

詳しくは一般社団法人高齢者住宅推進機構が発行する「リフォーム&住み替えガイドブック」をご覧ください。